将来妊娠を希望するなら

homoeopath

クラミジアに感染しても自覚症状がほとんどないことから、自分がもし感染していたらとても驚いてしまうでしょう。
違和感があったなら、やっぱりと思うかもしれませんが、無自覚だった場合驚くどころか大きなショックを受けることになってしまいます。
男性がもしクラミジアに感染した場合、尿道や睾丸周辺の炎症が起こったり、太ももの付け根が腫れることもあるようです。
尿を排出する際に痛みや違和感がある方が多いようなので、こういった症状があるなら放っておかずにすぐ検査してみましょう。
女性の場合は男性よりも注意が必要です。女性の場合は、自覚症状が出にくいのに後遺症が残ってしまう危険があるのです。
個人差はありますが、クラミジアになると子宮や子宮の周辺にある子宮頚管に炎症が起こります。
実際にクラミジアの原因となる菌に感染してから1~3週間ほどで炎症が起こり、そのまま気づかずに放っておくとお腹にも広がってしまい、下腹部の痛み、肝臓に症状が現れることもあります。
クラミジアの治療を行ったとしても、子宮頚管が傷ついてしまったことで受精卵の移動が困難になり、子宮外妊娠や流産、不妊といった原因になることがあり、さらには生まれてくる赤ちゃんに後遺症が起こる危険性もあるのです。
今はまだ避妊をしていても将来的に妊娠を希望する女性は多いと思いますので、今回ご紹介したような症状に少しでも思い当たることがあれば、念のため検査をしてみて下さい。
検査は基本的に病院に行くことで行うことができますが、自宅でも簡単に出来る方法がありますので別の記事で詳しく見ていきましょう。