怖い性感染症

	 physics

性感染症といえば、梅毒、エイズ、淋病、クラミジア、ヘルペスなど様々なものがあります。
大人になって仕事を始めてからはそれほど耳にする機会もありませんが、学校の授業で性感染症についての授業を受けた経験があるという方もいるでしょう。
大切なパートナーがいて性行為を行うことがあっても、コンドームを使うなどしてきちんと避妊している、という方は性感染症とは無縁の生活を送っていると思いますので安心して大丈夫です。
しかし、世の中には目の前の快感だけを求めて、避妊なしの無防備な性行為を行ってしまう方もいますよね。
避妊しないまま性行為を行うと妊娠してしまうだけでなく、あらゆる性感染症になるリスクが高まってしまいます。
特に性感染症の中でもクラミジアは、感染したとしても自覚症状がないことが多いのでなかなか気づくことができません。
性感染症という名前がついているくらいですから、感染するほとんどの原因が性行為によるものなのですが、性器を使った性行為だけではありません。
相手の性器を口で刺激する行為や性器具を使った行為のほか、キスをしても感染する可能性があります。
最近では、クラミジアに感染している患者で最も多いのはなんと10代の若い男女で、学校で性教育がしっかりと行われていないことにも関係があると思います。
もし自分がクラミジアに感染していることに気づいたら、すぐにジスロマックやクラビットを使用して治療を開始することが大切です。

将来妊娠を希望するなら

homoeopath

クラミジアに感染すると、男女ともに自覚症状は感じにくいと言われています。特に将来妊娠を希望している女性が感染すると、子宮外妊娠や不妊の原因にも繋がりますので特に注意しなければなりません。

Read more

検査に行ってみよう

treatment

クラミジアの検査をしてもらうには、病院や保健所に行きましょう。場所によっては事前予約がいらない場合もありますが、なるべく電話で確認を取っておいた方がより安心だと思います。

Read more

自分で検査もできる

 revulsion

病院や保健所に行かなくても、自分で検査キットを使って調べることができます。クラミジアに感染しているかどうか少しでも不安を抱えているなら、なるべく早めに検査をしてみることをオススメします。

Read more